衆院選 希望の党公認発表会見詳報(1)玄葉光一郎氏「苦渋の思いもしながら、つらい作業だった」

 小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党は3日、衆院選第1次公認候補として選挙区と比例代表合わせて192人を発表した。同党の若狭勝前衆院議員、細野豪志元環境相と民進党の玄葉光一郎総合選挙対策本部長代行が国会内で記者会見し、明らかにした。記者会見の詳細は以下の通り。

 若狭氏「選挙区については第1次公認者、全部で191人。比例単独、これは東北ブロック比例だが1人、寺田学(前衆院議員)さん。選挙区は191人で、この中にはもともと希望の党において立候補者として擁立する予定だった人、それから今般、民進党から希望の党に参加することになった人たちを合わせてその人数になっている」

 「ちなみに男女比だが、191人のうち概算として約35人が女性と承知している。年齢的には一番若い人が29歳、最高齢が70歳。前職の人が52人。選挙区に立候補する方は今現時点においては比例の重複という形で皆さん立候補する予定となっている」

 玄葉氏「私の立場からすると、もともと200人を超える民進党の公認内定者がいた。できるだけ多くの方々に(希望の党の)公認の中に入ってもらいたいという思いで調整作業をしてきたが、確か109人、現時点でもともとの民進党の公認内定者から今回、(希望の党の)公認を受けている状況だ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ