衆院選 希望の党公認発表会見詳報(2)若狭勝氏「憲法改正の考えは必ずしも自民党と一致しない」

 --自衛隊の存在の明記や、教育の無償化を盛り込む憲法改正に賛成か

 若狭勝前衆院議員「今、自民党は安倍晋三総裁(首相)が示した案を中心に自民党案をまとめようとしていると承知している。果たしてそれが憲法改正の優先順位として高いのか。そこを一点的にとらえて改正に向かうのが国民の将来に夢や希望を抱かせるために大事かどうか。この点については、必ずしも自民党の考えと一致していない。今後、憲法改正について色々な論議をさらに重ねていきたい」

 --民進党からは野田佳彦前首相や岡田克也元代表が希望の党に加わらず、無所属で出馬する意向だ。枝野幸男元官房長官は新党「立憲民主党」を立ち上げた。こうした人たちに「刺客」を立てるのか。それとも共存する戦略なのか

 若狭氏「あくまで個別の選挙区の状況を総合的に考え、結論を出していく。各論的に言えば、今日発表した公認候補の中には立憲民主党から出ようとしている候補と同じ選挙区という人もいる。希望の党は候補者を擁立して戦っていくことになろうかと思う」

 --民進党出身者が無所属で出れば、希望の党は候補者を立てないという報道があったが、事実関係は

 細野豪志元環境相「希望の党の側からそういったことを言ったことはない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ