衆院選 自由党、公認候補の擁立見送り 小沢代表は無所属で出馬

 自由党の小沢一郎代表は3日、国会内で記者会見し、衆院選で自由党からの候補擁立を見送る方針を明らかにした。側近の樋高剛元環境政務官ら3人が希望の党の公認候補になったことを踏まえた。自らは「無所属で出馬する」と明言した。公認済みの他の候補については、それぞれの判断に委ねる。

 小沢氏は会見で、民進党が希望の党に事実上合流することに触れ「野党結集を訴えてきた。われわれも同じような方向で選挙戦に対応する」と語った。無所属で出馬することに関しては「民進党の前原誠司代表と同じだ」と説明。解党するかどうかについては「選挙後のことは分からない」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ