希望・小池百合子代表 月刊誌でも不出馬宣言 9月中に決断か

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が10日発売の月刊誌「文芸春秋」への寄稿で、衆院選に立候補しない考えを示していたことが8日、分かった。10日は衆院選公示日に当たる。関係者によると、9月中に寄稿。当時から衆院選不出馬の意思を固めていたとみられる。

 小池氏は衆院選への自らの対応に関して「また国政に戻れば、わざわざ崖から飛び降りて都知事になった意味がない」と強調。「(都知事選で)いただいた291万票は『都知事として頑張れ』というメッセージ」とした。

 安倍晋三首相(自民党総裁)が消費税増税に伴う増収分の使途変更を掲げたことについて「とんちんかんだ」と批判している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ