衆院選 群馬2~5区は対決構図 10日に公示

 衆院選は10日、公示される。1区を残し2~5区は対決構図が鮮明となった。自民党は全5選挙区に候補者を擁立するが、公認を逃した1区前職が態度表明を引き延ばしていたが、9日に明らかにする。希望の党は4選挙区で、立憲民主党は3区、社民党は5区、共産党は取り下げた3区を除く4選挙区で候補者を立てる。各候補者は、憲法改正や消費税の使途変更などについて論戦を交わす。

 ◇1区

 自民3人が出馬準備を進め保守3分裂が懸念されたが、中曽根康隆氏が比例に回る意向を固め、女性問題で公認を逃した自民前職のベテラン佐田玄一郎氏も比例公認待ち。9日に対応を明らかにするもよう。

 自民公認を勝ち取った比例北関東の前職、尾身朝子氏は組織票に加え、無党派層も取り込みたい考えだ。保守分裂が縮小へと進んだのは希望の党の出現が大きく、その公認を得た前職、宮崎岳志氏は脅威となる。共産の新人、店橋世津子氏も支持拡大に奔走。尾身氏は経済対策の充実などを訴え、宮崎氏は「政権奪還」を掲げる。店橋氏は憲法改正反対などを訴える。

 ◇2区

 自民前職、井野俊郎氏と希望の党前職の石関貴史氏、共産新人の長谷田直之氏の三つどもえとなる公算だ。

 3選を目指す井野氏は8月まで法務政務官を務めた経験から外国人の出入国管理の適正化などを訴え、公明党の推薦を得て盤石の体制で臨む。

 一方、石関氏は消費増税凍結や脱原発などを掲げ、反自民と無党派層の掘り起こしを狙い、長谷田氏は国政初挑戦で、「安倍政権の交代」や改憲反対などを訴え支持拡大を図る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ