衆院選 希望の党、比例名簿で混乱 異例の発表遅れ

 小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」が10日に公示される衆院選比例代表各ブロックの名簿作成をめぐって混乱し、発表が公示当日の10日にずれ込んだ。発表が遅れるのは異例。既成政党は公示前日までに発表するのが通例だが、突然の衆院解散に伴う新党結成で準備不足が露呈した格好だ。

 公示直前まで名簿を発表しない別の理由として「比例順位で優遇されない候補の出馬辞退を懸念しているのではないか」との見方も出ている。

 自民、共産、社民、日本のこころの各党は9日までに比例順位を含めた名簿を発表している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ