【衆院選】日本維新の会 公約要旨

【前文】

 この国は今、人口減少が加速している。しかし、社会の仕組みは人口が増加し続けていた頃と何も変わっていない。日本経済は停滞を続けている。このままでは日本に未来はない。今こそ、前例にとらわれない大改革が必要だ。

【身を切る改革】

・消費税率10%への引き上げは凍結し、国会議員歳費と議員定数をともに3割削減するなど「身を切る改革」を徹底する

・個人献金を促す措置を講じ、企業、団体、組合の献金を禁止する

・文書通信交通滞在費の使途を公開

【教育・子育て】

・経済的理由で教育を受ける機会を奪われないことを憲法に明文化し、教育を無償化

・認可保育所設置基準は原則、条例で決められるようにする

・子供の数が多いほど税負担の軽減が大きくなる世帯単位課税の採用

【働き方・社会保障】

・年功序列型の職能給から「同一労働同一賃金」が前提の職務給へ転換する

・社会保険は受益(給付)と負担(保険料)を明確化し、適正な保険料と給付を実現する

・公的年金制度は世代間で公平な積み立て方式に移行。高齢者雇用の創出を図り、年金の支給開始年齢を段階的に引き上げる

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ