「ポスト安倍」の意欲チラチラ 岸田、石破両氏が九州来援「勝ち方で、将来変わる」

 衆院選(22日投開票)で、自民党の岸田文雄政調会長(60)、石破茂元幹事長(60)が11、12の両日、応援に相次いで九州入りした。衆院選は政権を担う政党を決める議席争いだが、「ポスト安倍」と目される両氏にとっては、一人でも多くの“同志”を国会に送り込む戦いでもある。(中村雅和)

 「この選挙で、どういった勝利を収めることができるか。それによって(候補の)将来が変わってくる」

 11日午後。岸田氏は佐賀市内で街頭演説した。佐賀1区で立候補する前職、岩田和親氏(44)の応援だった。岩田は岸田派(宏池会)に所属する。

 同じ場でマイクを握った佐賀選出の参院議員、福岡資麿氏(44)も「岸田氏にとって、宏池会の門下生は絶対に落とせない」と訴えた。

 岩田氏の陣営関係者は「党はもちろん、派閥にとっても重要選挙区だと聞いている」と語った。

 続いて岸田氏は、福岡7区に向かった。同区は、岸田氏の後見役である古賀誠元党幹事長の地盤だ。ここで岸田氏は、古賀氏の秘書を務めた前職、藤丸敏氏(57)の応援に立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ