共産・不破哲三前議長が街頭演説 「希望の党は自民の別働隊だ」と一蹴

 共産党の理論的支柱である不破哲三前議長が13日、東京・池袋で衆院選の街頭演説を行った。

 池袋は希望の党代表を務める小池百合子東京都知事のおひざ元。不破氏は、希望の党を「自民党の補完勢力、別働隊だ」と断じた。その上で「日本の政治を本気で国民の手に取り戻そうというのが市民と野党の共闘の勢力だ」と強調し、共産党への支持を訴えた。

 また「以前の自民党政治はゆとりと幅があった。今の安倍晋三内閣は、まさに問答無用であらゆる問題を通している」と述べて安倍政権を批判。「安倍暴走内閣に対し国民のはっきりした審判を下そう」と呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ