日本政府、慰安婦関連資料の登録見送りを歓迎するものの警戒は解かず… 「まだ分担金出す気になれない」

 菅義偉官房長官は31日、ユネスコが慰安婦関連資料の「世界の記憶」登録を見送ったことについて「適切な対応がされた」と評価した。ただ、登録自体は否定されておらず、外務省幹部はユネスコ分担金拠出について「まだ出しますという気にはなれない」と語った。

 政府が注視するのは、ユネスコ事務局長が促した申請者間の対話だ。政府は「呼びかけがあれば参加する」(担当者)との立場だが、対話の枠組みさえ明示されていない。政府は来春にも対話が始まると見て、公平性の確保をさらに働きかける方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ