「日韓合意を尊重」河野太郎外相、慰安婦資料登録に支援表明の韓国を牽制

 河野太郎外相は1日午前の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が「世界の記憶」(世界記憶遺産)の登録を見送った慰安婦関連資料をめぐり、韓国政府が登録に向けた支援に意欲を示している状況について「韓国政府が(慰安婦に関する)日韓合意を尊重した行動をとると認識している」と牽制した。

 慰安婦関連資料の登録見送りに関し、韓国外務省報道官は先月31日に遺憾の意を表明するとともに「今後も慰安婦記録物が客観的、正当に評価されるよう可能な努力を続けていく」と述べた。韓国政府による登録支援の動きは、国連などでお互いに非難・批判することを控えるとした一昨年末の日韓合意に違反する可能性がある。

 一方、河野氏は「全ての国際機関の分担金、任意拠出金について総合的に判断をしようということで作業を進めている。ユネスコも例外ではない」と語り、ユネスコ分担金の拠出を当面は見送る考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ