自民大勝の影で明暗分かれた「みそぎ」議員 不祥事でも圧勝、比例復活、そして落選…不倫で明暗も

 【政界徒然草】

 野党再編で揺れた衆院選は、蓋を開けてみれば敵失によって自民党が改選前の議席をほぼ維持する結果となった。一方で「政治とカネ」、失言、不倫疑惑などのスキャンダルで閣僚辞任や離党をした面々は「みそぎ選挙」に挑み、有権者の審判を受けた。圧勝、比例復活、落選-。自民大勝の影で、明暗は分かれた。

 秘書の金銭授受問題で昨年1月に経済再生担当相を辞任した自民党の甘利明氏(68)=神奈川13区=は、希望の党新人らを下し、12選を果たした。

 前回衆院選では、党重鎮として応援のために全国各地を飛び回ることが多かった甘利氏だが、今回は徹底した「どぶ板選挙」を展開。地元に張り付き、地域の各種行事にこまめに顔を出しては、経済再生相として陣頭指揮したアベノミクスの継続や景気対策のてこ入れの必要性などを訴えた。

 前回から約1万5千票減らしたものの12万7千票を獲得し、他の候補者を圧倒した。みそぎは済んだといえそうだ。

 「批判もある中で勝利が得られ、感謝の気持ちでいっぱいだ。初心に帰り、福井や日本のために頑張っていきたい」

 陸上自衛隊南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題などで7月に辞任した稲田朋美元防衛相(58)=福井1区=は、投票終了直後に早々と5選の当確が報じられると、神妙な面持ちで支援者らに何度も頭を下げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ