後援会長もあきれた!「不倫」報道相手を顧問にした山尾志桜里氏の逃避行 説明責任はいずこに?

 【政界徒然草】

 「週刊文春」に不倫疑惑を報じられ、民進党を離党し、無所属で衆院選を勝ち抜いた山尾志桜里衆院議員(43)が逃避行を続けている。11月7日、山尾氏が不倫相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)を事務所の「政策顧問」に招いたことが明らかになった。この仰天報道を受け、山尾氏の後援会長が辞任するなど騒動はますます大きくなっている。山尾氏はこれまで舌鋒鋭く政府・与党を追及し、徹底した説明を求めてきた。本来ならば、自らの疑惑については丁寧に説明すべきだが、そうした姿勢はみじんも見られない。

 「(辞任は)8月から申し入れていたもので、10月には役員交代の話も出ていたが、衆院選が始まるから『そのままでいこう』という話になっていた」「山尾さんとは関係ない。選挙の総括も含めていい機会だと思った」

 衆院愛知7区で山尾氏の地元後援会長を務めていた野々山利博氏はこう述べ、衆院選後に辞任した。山尾氏とは無関係の辞任を強調した野々山氏だが、後援会長として、これまでも山尾氏の言動に苦言を呈してきた。民進党離党のきっかけになった倉持氏の政策顧問への起用を腹に据えかねての辞任とみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ