菅官房長官、サンフランシスコ市議会の慰安婦像寄贈受け入れ決議に「極めて残念だ」

【歴史戦】

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、米カリフォルニア州サンフランシスコ市の市議会が慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決したことについて「米国での慰安婦像設置や設置に向けた動きはわが国の立場と相いれない。極めて残念だと思う」と述べた。

 菅氏は「わが国はさまざまな関係者に説明をして、こうしたことを阻止できるように全力で取り組んでいる。これからも精力的に続けたい」と強調した。

 大阪市の吉村洋文市長がサンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消する可能性に言及していることについては「コメントするのは控えたい」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ