慰安婦の「い」の字も出ない首相の「名代」 踏み込み不足の評価免れぬ

 公明党の山口那津男代表は23日、韓国の文在寅大統領との会談で、日韓の間に横たわる慰安婦問題や領土問題について具体的な言及を避けた。山口氏は安倍晋三首相の親書を携えて「名代」として臨んだだけに、踏み込みが不足したという評価は免れない。

 「本物の未来志向の関係を作る機会が訪れている」

 山口氏は会談で文氏にこう語りかけた。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意を反故にしかねない文政権への牽制が念頭にあったのは間違いない。しかし、個別の懸案やその中身には触れることなく、「大きな方向性を語り合った」(山口氏)だけで会談を終えた。

 これに対し、文氏は歴史問題や安全保障問題といった「難しい問題がある」と指摘したという。

 喫緊の課題である北朝鮮問題に最重点を置く意義は理解できる。しかし、慰安婦問題の「い」の字も出なかったことには違和感を覚える。

 折しも、文氏はトランプ米大統領を招いて開いた晩餐会に元慰安婦を同席させ、竹島の韓国側呼称を冠した「独島エビ」の料理まで出した直後だ。あいまいな対応は相手国に誤ったメッセージを与えかねない。(ソウル 松本学)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ