大阪市怒りの絶縁宣言、サンフランシスコ市長「慰安婦像」受け入れ 姉妹都市解消へ

 姉妹都市関係を結ぶ大阪市と米カリフォルニア州サンフランシスコが大揺れだ。サンフランシスコのエドウィン・リー市長が、同市内に設置されている慰安婦像と碑文の寄贈受け入れをめぐる市議会の決議文書に署名した問題で、大阪市の吉村洋文市長は24日午前、「非常に残念だ」と憤りをあらわにした。吉村市長は、年内に姉妹都市を解消する考えを示していることから友好関係の決裂は決定的となった。

 「寄贈受け入れをやめてほしいという姉妹都市としての要請を、みじんたりとも受け入れてもらえなかった。非常に残念だ」

 24日、登庁した吉村市長は記者団に改めて年内に姉妹都市関係を解消することを明言した。

 吉村市長は、リー市長が市議会の決議文書に署名したことを受けて、23日、「信頼関係が消滅した」とするコメントを発表していた。

 これまでリー市長との面会を要望していたが、「慰安婦像に関する用件であれば議論や交渉、面会の余地はない」とする連絡が23日、サンフランシスコ市からあったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ