北ミサイル発射 安倍晋三首相「ICBM級の可能性」「いかなる挑発行為にも屈せず圧力高める」

 安倍晋三首相は29日朝、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「飛行状況を踏まえれば大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の可能性がある」と述べた上で「国際社会の一致した平和的解決の強い意志を踏みにじり、このような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と北朝鮮を強く非難した。また、「いかなる挑発行為にも屈することなく圧力を最大限にまで高めていく」と強調した。

 首相官邸で記者団に語った。

 安倍首相は、日本政府はミサイルの動きを完全に把握していたとして「危機管理に万全の態勢を取った」と述べた。政府は、早い段階で日本列島を越えることはないと判断したため、全国瞬時警報システム(Jアラート)を発令しなかった。

 また、安倍首相は「国際社会は団結して制裁措置を完全に履行していく必要がある」と述べ、国連安全保障理事会に対して緊急会合の開催を要請する考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ