北ミサイル 自民・二階俊博幹事長「北は明らかに米本土を意識。あらゆる事態に備えを」

 自民党の二階俊博幹事長は29日午前、党北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の緊急幹部会で、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「明らかに米国本土を意識した挑発だ。今後どのような事態に展開していくか、まったく予断を許さない」と危機感を示した。

 二階氏は「党としては今後の国際政治、安全保障の見通しについて政府と緊密に連携することを最優先に、あらゆる事態に備えなければならない」とも強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ