立憲民主党、「自衛隊明記」反対を前提に憲法議論

 立憲民主党憲法調査会(会長・山花郁夫衆院議員)は6日、今後の憲法改正議論の進め方について協議し、安倍晋三首相(自民党総裁)が提案した憲法9条への自衛隊を明記する改憲案に反対する方針を確認した。衆院解散権制約などの改正議論を進めることも決めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ