韓国2017年版外交白書で慰安婦像をめぐる日本の対応を「難題」と批判 外務省が抗議

 外務省は14日、韓国外務省が2017年版外交白書で釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像をめぐる日本の対応を「韓日関係の新たな難題」などと日本の対応を批判していることを受け、韓国側に抗議した。

 また、総領事館前などに徴用工像の設置を目指している市民団体が、韓国の国会にも徴用工像を設置したい意向を示したことについて、像が設置されないように申し入れた。

 外交白書は朴槿恵前政権期の2016年の外交を総括したもので、総領事館前の慰安婦像をめぐり「日本政府が強く反発し、韓日関係において新たな難題となった」などとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ