外相会談で見えた日韓の温度差 北、慰安婦、徴用工…「韓国が雰囲気づくりを」

 韓国の文在寅(ムンジェイン)政権発足以降、初めてとなる康京和(カンギョンファ)外相の来日は、慰安婦や北朝鮮への対応をめぐる日韓間の温度差を印象づけた。日本側には文政権への不信感が根強く、韓国側が熱望する来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓に関しても言質を与えなかった。(杉本康士、大橋拓史)

 口を真一文字に結んだままの河野太郎外相に対し、うっすら笑みを浮かべる康氏。19日の外相会談冒頭で握手を交わした2人は対照的な表情を見せた。

 今回の康氏来日は、韓国側が要請した。外務省幹部は「(今月中旬の)文氏の中国訪問が終わり、中国に気兼ねしないで日本に来られるということではないか」と分析。安倍首相の訪韓について確約を取ることも、康氏来日の目的だったと見る。

 日本政府は表向き康氏の来日を歓迎する姿勢を示した。19日昼には都内の飯倉公館で、これまでティラーソン米国務長官とラブロフ露外相にしか振る舞っていない天ぷらが出された。

 だが、安倍首相の訪韓に関しては冷淡な姿勢を保っている。政府高官は「そんなことを言うなら、まず雰囲気をつくれと思う」と語る。19日の外相会談でも河野氏は「国会日程など諸事情を踏まえて検討する」と慎重に回答した。

 日本側が韓国政府に「雰囲気づくり」を求めるのは、慰安婦と北朝鮮をめぐる対応だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ