北ミサイル 安倍晋三首相、新たな国連安保理制裁決議を評価

 安倍晋三首相は23日、国連安全保障理事会による新たな対北朝鮮制裁決議について「制裁措置を前例にないレベルまで一層高める決議が全会一致で採択されたことを高く評価する」とのコメントを出した。「決議は北朝鮮の政策を変えさせなければならないとの国際社会の意思を具体的行動として示すものだ」としている。

 また、「国際社会の平和的解決への思いを踏みにじり、挑発行動を継続していることは容認できない」と北朝鮮を非難した上で「朝鮮半島の非核化へ向けた真剣な意思と具体的行動を示すよう求める」と強調した。

 河野太郎外相もコメントを出し「圧力を高め続けるとの国際社会全体の意思を反映した決議を全会一致で採択したことは極めて意義深い」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ