日韓議連声明に慰安婦合意の履行うたう文言なく 韓国側に「ベタ折れ」腰砕けの議員外交

 【政界徒然草】

 平成29年12月28日、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」するとうたった日韓合意から2年が経過した。昨年発足した韓国の文在寅政権は合意の履行に後ろ向きで、同年末には合意当時の朴槿恵政権を糾弾する報告書を公表した。それに先立つ昨年12月11日、超党派の日韓議員連盟は東京都内で韓国側の韓日議連との合同総会を開き、共同声明を発表した。日本の国会議員ならば当然日韓合意の履行を求めるはずだが、最終的に共同声明への明記は見送られ、むしろ韓国側に「ベタ折れ」したかのような文言が並んだ。

 共同声明は両議連で幹事長を務める河村建夫衆院予算委員長(75)と金光琳氏の連名で作成され、閉会式で異論なく了承された。慰安婦問題については以下のように記述した。

 「被害当事者たちの名誉と尊厳が回復され心の傷が癒やされるようにという両国の歴代政府の合意の趣旨に沿って、両国政府は共に努力することを確認した」

 日韓合意の履行を明確にうたう文言は、どこを探しても見当たらなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ