小野寺防衛相が米司令官と会談 対北圧力方針を確認 米軍ヘリ不時着で再発防止を要請

 小野寺五典防衛相は9日(日本時間10日)、米ハワイを訪問し、ハリス米太平洋軍司令官とキャンプ・スミスで会談した。韓国と北朝鮮による当局間会談が開催されたものの、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の脅威は変わっていないとの認識で一致し、最大限の圧力をかけていく方針を確認した。日米や日米韓が連携する重要性も共有した。

 小野寺氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米軍ヘリコプターの不時着に触れ「住民の安心のため安全な航行をお願いしたい」と訴えた。ハリス氏は、ヘリが砂浜などに不時着した対処に関し「一番近い安全な場所に降ろす措置に満足している」と言明。「米軍は安全第一に運用している」と釈明した。

 小野寺氏は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の日本導入に向け米側の協力を要請した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ