開業の見通し求める 東京・江東区議会、豊洲の千客万来施設で

 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題を取り扱う江東区議会の特別委員会が10日開かれ、区議からは市場受け入れ条件となっている豊洲市場内の観光拠点「千客万来施設」整備などの早期実現に向け、具体的なスケジュールや見通しを示すべきだとの意見が相次いだ。

 この日は都幹部が答弁に立ち、村松明典中央卸売市場長が豊洲市場の開場が今年10月11日に決まったことを報告。受け入れ条件について「前に進めるようこれまで以上にしっかりと取り組む」と改めて強調した。

 区議からは、実現が不透明になっている千客万来施設に関し「いつごろ開業すべきと考えているのか」「今年度中には何らかの形を示してほしい」などの質問や要望が出たが、都側から明確な答弁はなかった。

 山本香代子委員長は、最後に、都に今後は具体的な回答を用意するよう求めた上で、「都の説明が不十分で具体的議論が難しいと判断したときは協議には応じかねる」とクギを刺した。

 委員会では、今後について、市場開設に伴うバス路線整備など都と幅広く議論すべきだとの意見も出た。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ