「西宮の名誉に傷」と声明 「殺すぞ」市長発言に議長

 兵庫県西宮市の今村岳司市長が今月4日、取材中の読売新聞記者に「殺すぞ」と発言したことをめぐり、同市議会の田中正剛議長が12日、「恥ずべき言動で、市の名誉と品位を著しく傷つけた」とする声明を発表した。

 市長は任期満了の5月で退く意向を示しているが、それまでに辞職する考えがないか問いたいとしている。田中議長によると、声明を渡した際、市長は辞職しない意向を示したという。声明は、市長から議会運営委員会で謝罪があったと明らかにし「繰り返されてきた不適切な言動で、信頼回復は困難。市の未来に損失をもたらす恐れがある」と突き放した。

 「殺すぞ」発言を巡り多くの市民から怒りや嘆きの声が出ていることや、これまでも市議会が「他者への敬意に欠ける姿勢の是正を促してきた」とも指摘。「全国的に取り上げられ誠に遺憾。公人としての自覚を欠くことを超え、脅迫罪に問われかねない」と批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ