河野外相が韓国に“ヒジ鉄”、慰安婦合意新方針「まったく受け入れられない!」

 北朝鮮問題に関する20カ国の外相会合が16日午前(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで開かれた。北朝鮮への「制裁逃れ」の温床である海上密輸を阻止する方針を確認した。同日、日韓外相会談や日米韓外相会談も開かれ、河野太郎外相は、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相に対し、慰安婦問題をめぐる日韓合意を反故にしようとする韓国側の「新方針」を拒否し、ヒジ鉄を食らわせた。

 「(日本側の謝罪など)さらなる措置を求めるのは、まったく受け入れられない!」

 河野氏は、日韓外相会談でこう通告し、「最終的かつ不可逆的な解決」とした日韓合意の着実な履行を要求した。

 同会談の詳細は後述するとして、朝鮮戦争時の国連軍参加国と、日韓などが参加した20カ国外相会合では、北朝鮮への厳しい姿勢が示された。

 共同議長であるレックス・ティラーソン米国務長官は「北朝鮮が非核化に向けた決定的な行動を取るまで、圧力強化の取り組みは続く」「(さらなる挑発行為は)新たな結果に直面する」と警告し、「密輸に関わる船舶への検査強化に向けて、連携しなければならない」と強調した。

 国連安全保障理事会の制裁決議で、石油精製品などが規制対象となっているが、海上の船舶間で移し替える手口で北朝鮮に密輸され、制裁の「抜け穴」になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ