小学校上空のヘリ飛行 小野寺五典防衛相、飛行否定の米海兵隊に反論 「カメラや目視で確認した」

 小野寺五典防衛相は19日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊ヘリコプターが、窓の落下事故以降は避けるとしていた市立普天間第二小学校の上空を18日に飛行した問題について「カメラの記録や監視員の目視で小学校上空を飛行したと確認した。改めて米側に事実関係の確認を行っている」と述べ、飛行を否定する声明を出した在日米海兵隊に反論した。

 小野寺氏は米側にもカメラの映像を提供したと明かし、「あのようにヘリの腹がはっきり見える形で上空を飛んだ場合、子供たちや先生、父兄は本当に心配すると思う」と指摘。飛行を確認し、米側に抗議した今回の対応について「常にしっかり見ているぞ、ということが米側にメッセージとして伝わるものだ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ