豊洲市場完成遅れ 都が国に約24億円納付へ

 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、豊洲市場の完成が遅れたとして、都が国に交付金約20億円を返還する方針であることが26日、分かった。加算金を約4億円加え、約24億円を今年度中に納付する。

 都によると、豊洲市場整備にあたって、平成27年度中の完成を計画して国から208億円の交付金を受けていたが、完成が28年10月までずれ込んだ。都は完成が遅れても208億円全額を受け取れると誤って認識。国からの指摘を受け、遅れた分に応じ、一部を返還する必要があることが判明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ