「150平方メートル超」規制は「広すぎて論外」と反対論続出 自民党受動喫煙防止議連

 自民党の受動喫煙防止議連(会長・山東昭子元参院副議長)は2日、厚生労働省が公表した受動喫煙対策を含む健康増進法改正案の骨子について議論した。原則禁煙となる飲食店の店舗面積を150平方メートル超とすることで自民党側と調整しているとの報道に関し、山東氏は「数字が独り歩きしている。150平方メートルというのは広すぎて論外だ」と反発した。ほかにも反対論が続出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ