民進党大会 次期衆院選に向け党規約変更 希望の党への合流組の支援可能に

 民進党は4日午後の定期党大会での規約変更で、次期衆院選の経過措置として、昨年の衆院選に他党から立候補した元民進党の議員や公認内定者について「活動を支援することができる」との文言を盛り込んだ。

 大塚耕平代表は党大会でのあいさつで「大会の後、実務的な調整を開始するべく友党に働きかける。該当者は希望の党または無所属で立候補した方が中心なので、希望の党の玉木雄一郎代表には議案の内容について伝えてある」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ