安倍晋三首相の訪韓 与党は評価、野党は注文

 自民党の二階俊博幹事長は13日の記者会見で、安倍晋三首相が平昌五輪開会式に合わせて韓国を訪問したことについて「積極的に出席されるのは結構と思い勧めたが、良かった。今後もそういう機会があれば出席してほしい」と評価した。

 公明党の山口那津男代表も記者会見で、首相が9日の日韓首脳会談で文在寅大統領に対し慰安婦に関する日韓合意の着実な履行を迫ったことについて「日本側の主張を(文氏に)明確に伝えたことは良かった」と述べた。また、首相が北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長と言葉を交わし、拉致被害者の帰国を求めたことにも「後々に意味のあることだ」と支持した。

 一方、衆院の民進党系会派「無所属の会」の岡田克也代表は記者会見で、「米国の先制的な武力行使の可能性が取り沙汰される中、日韓が協力してそうした事態がないようにするとの確認ができなかったことはマイナス」と指摘した。

 社民党の又市征治幹事長も「文大統領の訪朝を後押しして(南北の)膠着状態の転機を作り出す努力を求めるべきだ」と注文を付けた。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は13日の自民党外交部会で、文氏が日韓首脳会談で日韓合意について「多くの韓国国民が合意を受け入れていない。政府間交渉で解決できる性質の問題ではない」と述べたことを明かした。出席者からは「成果は何だったのか。慰安婦問題については全くのすれ違いだった」と訪韓を疑問視する声もあがった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ