森友文書 自公幹事長が佐川宣寿氏の招致検討で一致 昭恵氏の喚問は拒否

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は14日午前、東京都内で会談し、学校法人「森友学園」に関する決裁文書改竄をめぐり、野党が国会審議に応じれば佐川宣寿前国税庁長官の国会招致を検討するとの考えで一致した。与党は野党が求める佐川氏や安倍晋三首相夫人の昭恵氏の証人喚問を拒否していたが、国会審議の正常化に向け軟化した。

 会談に同席した自民党の森山裕国対委員長は「審議を通じて必要性が出てくれば協議したい。われわれはそのことを拒否しているわけではない」と記者団に語った。公明党の大口善徳国対委員長も「誰がどのような目的で書き換えをしたかは国民の関心事だ。真相解明の良い機会なので野党にも出てきてほしい」と呼びかけた。

 一方、与党は昭恵氏の国会招致については「書き換え問題とは全く関係ない」(大口氏)として拒否する構え。野党が辞任を求める麻生太郎副総理兼財務相の責任についても「真相究明と組織の立て直しが急務だ」との認識で一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ