日スリランカ首脳会談 インド太平洋地域の連結性強化で協力合意

 安倍晋三首相は14日、官邸でスリランカのシリセナ大統領と会談し、海洋進出を強める中国を念頭に、インド太平洋地域の連結性の強化に向けたインフラ整備支援や海洋安全保障分野での協力を推進することで合意した。首相はまた、北朝鮮と外交関係を持つスリランカに対し、核・ミサイル問題と拉致問題の解決のための対北圧力への協力を呼びかけた。

 会談後の共同記者発表で安倍首相は「両国の発展には自由で開かれた海洋秩序が不可欠だ」と訴えた。

 両政府は、保険医療サービス改善計画として約106億円の円借款の署名文書を交換した。

 スリランカはインド太平洋のシーレーンに位置し、安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」の中核でもある。シリセナ政権はラジャパクサ前政権の過度な中国依存から脱し、日印とのバランス外交を目指している。日本もさらなる2国間関係の深化を図り、対中牽制(けんせい)を狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ