森友文書 野党、昭恵夫人喚問実現へ攻勢も、政党支持率は伸び悩み 民進幹事長「大きな課題だ」

 野党幹部は19日、「森友学園」の国有地売却に絡む財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で、安倍晋三首相の昭恵夫人の証人喚問を重ねて求めた。報道各社の世論調査で昭恵氏招致を求める声が多かったことを追い風に政権への攻勢を強める構えだ。

 民進党の増子輝彦幹事長は記者会見で、世論調査の結果について「疑惑の発端が昭恵氏であると国民も感じ取っている。ぜひ真実を語ってほしい」と強調した。昭恵夫人付の政府職員だった谷査恵子氏らの国会招致も求めた。

 参院予算委員会野党筆頭理事を務める民進党の川合孝典幹事長代理も「虚偽答弁が許されない場で話をしてもらわない限り、問題は一歩も前に進まない」と記者団に語った。立憲民主党の福山哲郎幹事長は、昭恵氏の関与を否定する首相の国会答弁を「本人が公の場で全く語っていないので説得力に欠ける」と断じた。

 世論を背景に圧力を強める野党だが、内閣支持率の下落が自らの政党支持率浮揚につながっていないという苦しい事情も抱える。増子氏は支持率の伸び悩みについて「大きな課題だ。政権交代ができる政治状況がないことはわれわれの責任だ」と反省を口にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ