安倍首相、昭恵夫人の説明拒否 改ざん指示は特定できず 参院予算委

 安倍晋三首相は26日の参院予算委員会で、森友学園問題に関し、昭恵夫人による説明を拒否する考えを示した。「私がこの場で責任を持って今まで答えている」と述べた。財務省の太田充理財局長は、決裁文書改ざんを誰が指示していたのか現段階では特定できていないとの認識を表明した。佐川宣寿前国税庁長官が指示したかどうかは「今後の調査、捜査を待たなければならない」と語った。

 首相は、民進党の増子輝彦氏が昭恵氏の説明責任を求めたのに対し「(昭恵氏に対して)これを聞いてもらいたいと私に言っていただければ、私が答える」と強調した。

 決裁文書から削除された昭恵氏によるとする「いい土地ですから、前に進めてください」との発言については「妻は明確にそんなことは言ってないと申し上げている」と改めて述べた。

 改ざんの全容解明と組織立て直しに「責任を果たす決意だ」と改めて意欲を示した。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ