「森友の信頼向上」が目的 首相、昭恵氏名誉校長就任 国有地売却へ影響は否定

 安倍晋三首相は26日の参院予算委員会で、森友学園が建設を予定した小学校の名誉校長に昭恵夫人が一時就任したことについて、学園の信用度を向上させるのが目的だったとの認識を示した。「学園の信頼性を高め、多くの人が趣旨に賛同するかもしれない。妻もそのように理解していた」と述べた。ただ国有地売却への影響はなかったと改めて強調した。

 首相は、昭恵氏が小学校の教育理念に「賛同して一時期、名誉校長を務めていたのは事実だ」と説明。昭恵氏は、森友以外にも名誉職に就いていたが「行政に影響を及ぼしたことはない」と主張した。

 財務省の矢野康治官房長は、決裁文書改ざんに関して首相官邸側からの指示について「あったという事実に突き当たっていない。今、調査をしているので、あったのかなかったのか逐一報告することは不可能だ」と述べた。首相と麻生太郎副総理兼財務相からの指示は「なかった」と否定した。共産党の辰巳孝太郎氏への答弁。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ