幕引き狙う与党、野党は昭恵氏らの喚問要求 佐川氏証人喚問

 佐川宣寿前国税庁長官が27日、財務省の決裁文書改竄問題をめぐる証人喚問で、安倍晋三首相や昭恵首相夫人の関与を否定したことで、政府・与党は学校法人「森友学園」問題の幕引きを図り、内閣支持率下落にも歯止めをかけたい考えだ。対する野党は佐川氏の喚問で疑惑が深まったとして昭恵氏らの喚問を改めて要求するとともに、衆院解散を求める声まで飛び出した。

 自民党は佐川氏の喚問で一連の問題に区切りをつけるため、首相らが関与していない実態を明らかにすることにこだわった。

 丸川珠代前五輪相

 「佐川氏や財務省理財局に対し、安倍首相からの指示はありませんでしたね。首相夫人からの指示もありませんね」

 佐川氏「ございませんでした」

 佐川氏は官邸や財務省幹部も含めて指示や相談、報告はなく「理財局の中でやった」と証言した。菅義偉官房長官も喚問後の記者会見で「今日まで財務省の文書について、首相も私も内容を示されたこともない」と述べた。

 自民党の二階俊博幹事長も喚問後、記者団に「首相をはじめ政治家がどう関わったかが焦点だったが、幸いなかったことが明白になった」と強調した。公明党の山口那津男代表は首相らの関与に引き続き疑念を抱いている野党の姿勢に対し「なかったことを証明するのは『悪魔の証明』だ。今後はむしろあったことをどう証明するかが問われる」と反論した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ