南スーダン・陸自イラク派遣の日報を新たに発見 小野寺五典防衛相が発表

 小野寺五典(いつのり)防衛相は11日午前、国会対応や情報公開請求に対し「存在しない」としていた南スーダン国連平和維持活動(PKO)に関する日報と、陸上自衛隊のイラク派遣時の日報をそれぞれ新たに発見したと発表した。防衛省内で記者団に明かした。

 小野寺氏によると、南スーダンPKOの日報は内部部局の整備計画局や人事教育局、統合幕僚監部の運用部、海上幕僚監部の指揮通信情報部で見つかった。

 このうち整備計画局の「施設技術管理官」には、防衛省が情報公開請求に対し当初「不存在」とし、その後に発見された平成28年7月7~12日分の日報のうち、同10日分を除く日報が含まれていた。10日午前4時ごろに発見されたという。

 一方、陸自イラク派遣時の日報は16年7月14日と17年2月26日の2日分で、陸上幕僚監部の防衛部防衛協力課で10日午後に発見された。イラク日報はこれまで発見された分と合わせて延べ410日分となった。

 日報の発見は11日午前に小野寺氏に報告された。小野寺氏は記者団に「日報の一元的な管理を進めるため、集積作業にしっかり取り組んでいく」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ