首相の訪米団に安倍昭恵夫人の監視役 自由行動一切ない

厳戒監視態勢の米国夫婦行(撮影:つのだよしお/アフロ)

厳戒監視態勢の米国夫婦行(撮影:つのだよしお/アフロ)

 様々な疑惑を抱えた状態で日米首脳会談のために訪米した安倍晋三首相(63才)。その傍らには妻の昭恵さん(55才)の姿があったが、現地での昭恵さんの言動が心配されている。そもそも、彼女には“前科”がある。

 「2017年2月の訪米では、安倍夫妻とトランプ夫妻が会食する機会がありました。トランプ大統領は“酒は身を滅ぼす”という主義でお酒は一切口にしない。もちろんメラニア夫人も飲みません。安倍首相は潰瘍性大腸炎を患った過去から、そもそもほとんどお酒を飲めない。そんななか、昭恵さんひとりが白ワイン、赤ワインと杯を重ね、ほろ酔い状態に。

 その様子をトランプ夫妻は訝しげに眺めていましたが、たまりかねたメラニア夫人が“こういう大切な場で、しかも主役である夫が飲んでいないのに、酔っぱらうのはいかがかしら”とつぶやいたそうです」(全国紙政治部記者)

 昭恵さんはメラニア夫人を前に、自分の好きなK-POPアーティストの「カッコよさ」について饒舌に話し続けたこともあった。

 「メラニア夫人は呆れた顔で、“あなたは日本人なのに、なぜ韓国の話ばかりするんですか?”と昭恵さんを遮りました。当然のツッコミですが、それで昭恵さんは不機嫌になり、また酒をあおっていました」(前出・政治部記者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ