西村康稔官房副長官「非常に危険な行為」と苦言 文部科学省が対応 アメフト

 西村康稔官房副長官は16日午前の記者会見で、アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大選手による悪質なタックルを受けて関西学院大の選手が負傷した問題について「非常に危険な行為だった。私も学生時代、ボクシングをやっていたが、ぜひルールに従ってスポーツマンらしい正々堂々としたプレーをしていただきたい」と苦言を呈した。

 西村氏は今後について、文部科学省が関東学生アメリカンフットボール連盟による調査の報告を受け、必要な対応をするとの見通しを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ