米朝首脳会談 安倍首相、トランプと電話会談 米国と緊密に連携

 安倍晋三首相は28日夜、トランプ米大統領と電話で会談した。米朝首脳会談実現に向けての米朝間協議を踏まえ、トランプ氏から会談開催をめぐるこれまでの経緯などについて説明を受けた。両首脳は米朝首脳会談の前に日米首脳会談を開くことで一致した。6月8~9日にカナダで開かれる先進7カ国(G7)首脳会議の合間での開催を中心に調整する。G7前の首相訪米の可能性も模索する。

 会談に同席した西村康稔官房副長官によると、トランプ氏は「米朝首脳会談に向けて準備を進めている」と述べたといい、6月12日の開催は明言しなかった。

 電話会談は約30分間行われた。会談後、安倍首相は首相公邸前で記者団に「日米でしっかりと連携しながら認識を共有し、共通の方針のもと、米朝首脳会談が意義のあるものとなるように協力していくことで一致した」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ