米朝首脳会談 安倍首相、日米首脳電話会談後の発言詳報 「北朝鮮が完全な半島非核化を確約した意義は大きい」

 安倍晋三首相が12日夜、トランプ米大統領との電話会談について記者団に語った発言は以下の通り。

 --電話会談ではどのような話があったのか。また、拉致問題について、北朝鮮の金(キム)正(ジョン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長からどんな発言があったのか

 「ただ今、日米首脳会談を行った。そして米朝首脳会談について詳細な説明を受けた。まず改めて、トランプ大統領のリーダーシップと努力に対して心から敬意を表したい。この会談において金委員長が朝鮮半島の完全な非核化についてトランプ大統領に対して明確に約束をした、その意義は大きい」

 「その歴史的な会談の成果の上に立ち、国連安全保障理事会決議の完全な履行を求めていく。この日本、日米、日米韓の基本方針について、改めて再確認することができた」

 「拉致問題についてだが、まず私から米朝首脳会談においてトランプ大統領が取り上げていただいたことに感謝申し上げた。やり取りは、今の段階では詳細について申し上げることはできないが、私からトランプ大統領に伝えたこの問題についての私の考えについては、トランプ大統領から金委員長に明確に伝えていただいた。この問題については、トランプ大統領の強力な支援をいただきながら、日本が北朝鮮と直接向き合い解決していかなければいけないと決意をしている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ