米朝首脳会談 与党には評価の声 ただ、今後は不透明で安倍首相にはもろ刃の剣?

 しかし、トランプ氏と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が署名した共同声明では、北朝鮮が「朝鮮半島の完全な非核化」に取り組むことを約束したものの「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)は明記されなかった。

 自民党の岸田文雄政調会長は13日の記者会見で「具体的な問題解決にはまだまだこれからさまざまな努力を続けなければならない」と慎重な見方も示した。

 一方、立憲民主党の辻元清美国対委員長は13日、森山氏と国会内で会談し、米朝首脳会談を受け首相が出席する衆参予算委員会の集中審議などを速やかに開くよう申し入れた。

 辻元氏は会談後、記者団に「政府として何をしたいのか、何をしてきたのかが見えていない。外交が得意な首相は国民に説明する責任がある」と指摘した。国民民主党の大塚耕平共同代表も党会合で「拉致問題は全く(共同声明に)言及がない。トランプ氏がどのような提起をしてやり取りをしたのか、政府は速やかに確認し国民に説明する義務がある」と語った。(大島悠亮、小沢慶太)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ