自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長 国会改革で野党に協力求める

 国会審議の効率化を訴えている自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は13日、「野党の前向きな思いがなければ、いくら与党が言っても動かない」と述べ、改めて野党に協力を求めた。国会内で記者団に語った。

 小泉氏は参院本会議の採決で導入されている「押しボタン式投票」の衆院本会議への導入や国会審議でタブレット端末を活用するペーパーレス化を進めることを念頭に、国会改革に関する超党派議連の結成を与野党議員に呼びかけている。 小泉氏は国民民主党の玉木雄一郎共同代表が、首相や閣僚の負担軽減を条件に、党首討論を月に1回、テレビのゴールデンタイムである午後8時から定例化することを訴えていることに関し「一つのアイデアだ」と共感を示した。

 小泉氏は「国会が日程闘争する場ではないとの認識は(与野党)みんな思っている」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ