「拉致被害者救出を」曽我ひとみさん署名活動 トランプ大統領に「ありがたく思う」

 北朝鮮による拉致被害者で、佐渡市の曽我ひとみさん(59)が20日、新潟市中央区の新潟グランドホテルで被害者救出を訴える署名活動を行った。曽我さんは、今月行われた米朝首脳会談について「トランプ大統領が拉致問題のことを話してくれて、ありがたく思う」と述べた上で、今後の日朝首脳会談実現への期待感も示した。

 署名活動は「曽我さん母娘を救う会」が主催。同会は18年から活動しており、これまで署名約4万筆を集めている。20日は、救う会のメンバーや県の職員ら約10人が曽我さんとともに署名を呼びかけ、署名を終えた人にはパンフレットなどを手渡した。

 曽我さんは昭和53年8月に、自宅近くの雑貨店で買い物をした帰りに拉致された。平成14年10月に帰国したものの、ともに拉致された母のミヨシさん(86)=拉致当時(46)=の行方は分かっていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ