韓国外相「日韓合意と無関係」明言 性暴力根絶イニシアチブで 河野外相は理解

 【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は20日、ソウル市内で行われた海外メディアとの記者会見で、自身が発足を宣言した、紛争地域における性暴力の根絶に向け韓国が主導的な役割を果たす「女性とともにする平和イニシアチブ(主導)」の計画について「(慰安婦問題をめぐる)韓日合意とは関係がない」と明言した。

 康氏は韓国が慰安婦問題などをめぐり「教訓がある国だ」とも述べた。その上で「再びあってはならない」という意味で、韓国政府が計画を支援していく考えを示した。

 河野太郎外相も20日、外務省で記者団に対し、計画について韓国側から「慰安婦問題とは全く無関係」との説明を受けたことを明らかにした。河野氏は「韓国側にはしっかりとその旨やっていただきたい」として一定の理解を示し、「慰安婦関係の問題は日韓合意に尽きている」とも述べた。

 菅義偉官房長官は記者会見で「日韓間には困難な課題があるが、適切にマネージしつつ受け入れられないものは受け入れられないとしっかり伝えていく」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ