平成30年史 政界再編・インタビュー 武村正義元官房長官「小選挙区制導入…ちょっぴり後悔」

 平成5年に新党さきがけを結党するなど、平成の政界再編の立役者の一人、武村正義元官房長官に聞いた。

  

 --細川護煕政権では小沢一郎氏と激しく対立した

 「ぎくしゃくし始めたのは衆院選挙制度改革で1票制にするか2票制にするかから。そういう議論は一番詳しいという自負があって『2票制は世界の常識』なんてテレビで発言した。それに市川(雄一元公明党書記長)さんがカチンときたそうですよ。小沢さんと市川さんは親しかったし、そこから武村批判が始まったんじゃないかな」

 --細川政権がつまずいた原因は

 「政府と連立各党との連携がうまくいかなかった。一体であるべきなのが対立してしまった。それが最大の理由かもしれない」

 --8党会派の連立は無理だったのか

 「55年体制以降、自民党単独政権が続いた。そこに多くの政党が集まった連立政権が誕生した。これは長続きせんぞという見方があった。しかし、連立にあたって政権合意を作った。自衛隊とか安全保障とか大事な政策は全部書いて合意したので、水と油のままではなかった。そんなことよりも(人間関係の)ギクシャクで壊れていったんです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ