普天間飛行場の辺野古移設で「安全性向上」 首相、移設推進を強調

 安倍晋三首相は23日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「(米軍機の)飛行経路が海上に移り安全が大幅に向上する。騒音も大幅に減る」と述べ、移設計画を着実に進める考えを示した。同県糸満市で開かれた沖縄全戦没者追悼式に出席後、記者団に答えた。

 首相は「普天間飛行場の固定化は絶対に避けなければならない。最高裁の判決に従い、関係法令にのっとって移設を進めていく」と強調した。その上で「(移設は)負担軽減に資するもので、県や地元のみなさまの協力や理解を得るために努力を重ねる」と語った。

 名護市の米軍基地近くの農作業小屋で窓ガラスが割れ、銃弾のようなものが見つかったことは「人命に関わる重大な問題だ」と指摘。米側に当面は射場を使用しないよう申し入れ、米側も応じたことを明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ