安倍首相の日朝交渉 基本方針堅持しながら「トランプ流」も取り入れ

 米朝首脳会談を受け、日本政府は拉致問題の解決を目指した日朝首脳会談を含む今後の北朝鮮との交渉に向け、準備に全力を傾注する。安倍晋三首相は米国とともに進めてきた「3つの基本方針」を堅持しながら、トランプ米大統領が取った「新しいアプローチ」も取り入れ、拉致問題の確実な解決につなげたい考えだ。

 「百パーセント、シンゾーを信頼しているから、一緒にやっていこう」

 トランプ氏は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との12日の首脳会談後、首相との電話会談でこう語りかけ、今後も対北朝鮮政策でタッグを組んでいくことを呼びかけた。

 日本の今後の行動を読み解くカギとなるのは、首相の18日の参院決算委員会での発言だ。

 「(北朝鮮と)信頼を醸成し、北朝鮮の核・ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題を解決した先に待っている未来図を描きつつ、その前提となる諸問題の解決に向け尽力していきたい」

 首相はこの発言の直前に「トランプ氏は相互信頼を醸成しながら非核化の先の明るい未来を共有し、相手の行動を促すという新しいアプローチを採用した」とも語り、トランプ氏の北朝鮮との向き合い方を取り入れることを示唆した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ